結婚後に後悔する人って?

後悔しないための小話

後悔するより先を見るように

2014/06/24

結婚後に後悔してしまう人というのは、どのような人なのでしょうか。 そうしたことにも、いろいろなパターンがあるのでしょうが、概して言えることは、恋愛と結婚とを同一視してしまっている、ということなのではないでしょうか。 というのも、ズバリ言って、恋愛は情熱であるのに対して、結婚とは生活なのです。 熱というものはいずれは冷めるものですから、恋愛の場合には、その熱が過ぎ去れば別れということになりますが、結婚はそうは行かないわけです。 ですから、それから先を見るということをせずに、情熱に浮かされて、恋愛気分のままで結婚してしまうと、実際に生活を共にして行く時になって、こんなはずではなかった、と後悔することになってしまうのです。 恋愛は一時の情熱ではあっても、結婚とは、長い人生を二人で共にやって行くことなのですから、実はこの両者は似て否なるものなわけで、そこのところがわかっていないと、結婚後に後悔するはめになるのです。

なんでこうなるのか

2014/06/24

結婚後に後悔する人って、理想の結婚生活とはかけ離れていたからではないでしょうか。多くの理由は相手に対してもこんな人だとは思わなかった、交際していた時とは違うといったすれ違いも多いと聞きます。もちろん今まで全く違う環境で育った2人が一緒に住み始めるのですから、すれ違いを感じるのは普通のことです。それをお互い歩み寄って解決していくか、嫌になってしまうかのどちらかに分かれていくのでしょう。また子供ができてからはそちらに気をとられて相手のことをあまり気に留めなくなってしまうとか、恋人だった相手がお母さんやお父さんの立場になってしまうことで、以前のように愛することができなくなったり、いろんなことが狂い始めてしまうからだと思うのです。結婚後はいろんな障害がやってきても、我慢をしたりしないで、すぐに解決できるようにしていけば、後悔を感じることは減ってくると思います。せっかく縁あって結ばれた2人なのですから、離婚へは進んでほしくないものです。

後悔なんてしないと思ってたのに

2014/06/24

恋愛をしている時は人生の中で一番幸せな時で、なんともいえない高揚感があり、そのフワフワとした気持ちはやがて相手とずっと一緒にいたいという気持ちにさせてしまいます。それがいざ結婚してしまうとなぜかしっくりこなくて、こんなはずじゃなかったと気づけば後悔してしまうこともしばしばです。恋愛と結婚は別だとよく聞きますがまさにそうで、付き合っている時には全く予想できないことが結婚後には起こるものです。あんなに優しかった彼が結婚後急に冷たくなったり、一緒に生活してみると付き合っていた時には感じなかった価値観の違いに気づいたり、お姑さんとの関係に悩んだり、お金に対する考えが甘くて生活に困ったりと、後悔なんてしないと思っていたのに気づけば後悔の渦にどっぷりはまってしまうことになったりします。好きで好きでその気持ちのまま突っ走ってゴールインするのもいいかもしれませんが、結婚後の離婚のリスクを考えると、付き合っている時に相手の性格や周りを取り巻く環境を良く知ってから結婚をする方が失敗を防げて良さそうです。

* 後悔しないでね *