結婚後に後悔する人って?

経済力だけで決めたのでは

婚活をする女性が相手に求める一番の条件は経済力です。 確かに結婚生活を送る上では経済力はとても大事なものになります。 経済力がなければ結婚をしてゆとりのある生活ができませんし、子どもも作れません。 しかしそれだけで決めますと結婚後に後悔してしまうことになります。 一番多いのは性格の不一致です。通常であれば婚活の時には相手の性格についてはよくリサーチをするものなのですが、つい経済力がいいことから不一致があってもその部分を見逃してしまうこともあります。 そして結婚後にその不一致が身のなせないようになり、後悔してしまうのです。 後もう一つ多いのが結婚後に配偶者の年収が下がってしまうことです、会社の経営者の場合は会社が傾くといっきに収入が少なくなります。 そして新築の家を追い出されて今までよりも貧乏な暮らしを余儀なくされてしまうこともあるのです。 エリートサラリーマンの場合ならいいのかと言いますとそうでもありません。 サラリーマンであってもリストラにあってしまうこともありますし、そうならなかったとしても会社の業績が悪くなれば人件費カットにより給料やボーナスがカットされてしまうこともあるのです。 もちろん経済的に問題が生じてしまったり性格の不一致が生じたときには離婚をすればいいのですが、結婚はその時の感情でするものではありませんのであまりおすすめしません。 都合のいい時だけ一緒になって相手の状況が変われば手を切るというのはあまりにも情が無さすぎます。 周囲の人も同情はしてくれませんし、そもそもこんな離婚の仕方では自分勝手な人だと思われてもう二度と再婚することができません。 結婚後後悔しないためにも経済的な事を抜きにして本当にその人のことが好きなのかどうかを考えることが大事です。 もしも収入が減ったとしても自分がついていける相手と一緒になってください。 お金は大事ですがそれ以上に大事なものが愛であることを忘れてはいけません。

更新情報・お知らせ

* 後悔しないでね *