結婚後に後悔する人って?

価値観は最初から違うものだと

あれほど結婚願望があったのにも関わらず結婚後に後悔してしまう方もいらっしゃいます。 それは大体夫婦の価値観の違いが原因で起こることなのです。 これはあらゆることで発生します。 例えば多いのは衛生感覚です、几帳面な人と大雑把な人と一緒に同居をしますとどちらも苦しくなります。 几帳面な人からすれば大雑把な人の不衛生さが不愉快に思ってしまいますし、逆に大雑把な人からすれば几帳面な人の清潔への執着がうっとおしく感じてしまうのです。 また金銭感覚の違いなどもありますし料理の味付けに関する価値観、そして子供の教育に関する意見の不一致、あらゆる価値観の違いが生じてしまうのです。この違いを無理に自分に合わせさせようとしたり、我慢して相手に合わせようとするからこそ結婚後に後悔してしまうのです。 そもそも夫婦というものは元々は他人ですので価値観など一致しなくて当たり前だと思ってください。 育ってきた環境が違いますし、全てにおいて一致することなどないのです。 それではどのようにすれば結婚後後悔しないようにできるのでしょうか。 それは妥協点を見つけることです。 料理に関しては味付けの好みの違いがあれば、毎回それぞれの好みに合った味付けで作ればいいのです。そうすればどちらかが毎回我慢するのを避けることができます。 それから衛生的な感覚の違いについてですが、几帳面な方がどこまでなら我慢できるかという掃除具合を言えばいいのです。 あるいは几帳面な方のための専用の部屋を作り、そこだけは清潔さを保つというのも一つの方法となります。 あらゆることをこのようにして解決していってください。 しかし妥協点が見つからなかったりお互いに一本も譲らないようであればそもそもお互い結婚には向かなかったということになります。 また離婚をして別の人と結婚をしてもうまくいきません。 結婚後違う価値の感覚をどのようにうまく処理していくのかが夫婦が長続きするかしないかの違いになります。

更新情報・お知らせ

* 後悔しないでね *